こんにちは、ピラティススタジオ「ピラティス K」です。

「ピラティスとヨガとの違いがわからない。どちらを始めたら良いのだろう?」と迷っている方は意外に多いです。

そこで、今回はピラティスとヨガの違いについて解説します!

ピラティスとヨガの目的や成り立ちの違い、それぞれのトレーニング方法や効果、どんな方に向いているかなどをご紹介します。
ピラティスとヨガそれぞれの特徴を知って、自分にはどちらが向いているのか検討してみましょう。

ピラティスとヨガの違い、まずは成り立ちや目的を知ろう

まずはピラティスとヨガ、それぞれの成り立ちや目的の違いから説明します。

ピラティスは、ドイツ人であるジョセフ・ピラティスが考案したエクササイズ。
もともとは自分の虚弱体質を改善するために考案され、後にイギリスで捕虜になった際、仲間の兵士に寝たままでもできる体力回復エクササイズとして器具を使ったエクササイズが考案されました。
ヨガの要素が取り入れられているので、ヨガに似ている部分があります。

1926年にジョセフ・ピラティスがアメリカへ渡った際に、そのエクササイズがニューヨークのダンサーに受け入れられたことが、現在のピラティスに通じています。

ピラティスはインナーマッスルや体幹を鍛えて、身体を健康的に鍛えることが目的です。

一方、ヨガは約4500年前の古代インドで、仏教やヒンドゥー教の修行のひとつとして始まったことが起源です。
呼吸法や瞑想で心と身体を結び付け、心身を安定した状態にすることが目的。

その中から呼吸法とポーズに重点を置き、リラックスしながら心身を整えるためのものとして、現在のヨガの形ができました。

ピラティスとヨガの違いを詳しく!方法や効果を比較しよう

ピラティスはマットの上で運動をしたり、マシンを使ったりしてインナーマッスルを中心に鍛えていくエクササイズです。
呼吸はピラティス呼吸(胸式呼吸)で行います。

インナーマッスルを鍛えることで体幹を強化し、背骨や骨盤の位置を正しく整えて姿勢の改善を行います。
骨格のゆがみや筋力不足を効果的に解消することができるエクササイズです。
呼吸によって交感神経を活発化させ、心と体を活性化させます。
また、ピラティスは動きながら自分を内観していく「動く瞑想」とも言われています。

一方、ヨガは腹式呼吸を意識しながら、呼吸に合わせてさまざまなポーズで静止します。
ゆっくりと動いてポーズをキープする、腹式呼吸を意識することで瞑想の状態を作り出します。
ポーズのキープによってストレッチの効果を得るとともに、腹式呼吸で副交感神経を活発化させてリラックスやストレス解消の効果も。

どちらも呼吸と運動を組み合わせながらも、ピラティスはボディメイクやトレーニングを、ヨガは心の安定を、より効果的に実現することが目的となっています。

ピラティスかヨガか迷う方へ!選び方のポイント

ピラティスにしようかヨガにしようか迷っている方は、その目的に合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

こんな人はピラティスがおすすめ

  • 身体を健康的に鍛えたい
  • 運動不足の解消
  • ボディラインを整えたい
  • 姿勢のゆがみを整えたい
  • ダイエットしたい

ヨガをおすすめしたい方

  • 瞑想法や呼吸法に興味がある
  • リラックス効果を得たい
  • ダイエットしたい
  • 運動は初心者だけど身体を動かしたい
  • 身体と一緒に心のバランスを整えたい

身体を鍛えたい、美しく健康に整えたいという方はピラティス、リラックス効果や呼吸法で心も身体も整えたい方はヨガにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ピラティスとヨガの違いを知って目的に合わせて選ぼう

ピラティスは、インナーマッスルを鍛えてボディラインや姿勢を整えるエクササイズ。
ヨガは、ポーズと呼吸法によりリラックスして心と体のバランスを整えるもの。

ピラティスはヨガの要素を取り入れているので、少し似ている部分がありますが、目的やエクササイズの方法、効果には違いがあります。

身体を健康的に鍛えボディラインを整えたい方はピラティス、呼吸や瞑想からリラックス効果を得たい方はヨガと、目的から選んでみてはいかがでしょうか。

ボディメイクに特化したマシン専門ピラティススタジオ「pilates K(ピラティスケイ)」 なら、マシンが身体をサポートしてくれるので、安全かつ効果的に身体を動かすことができます。
音楽に合わせて楽しくエクササイズしながらボディメイクしましょう!